グラウンドゴルフ上達法 パークゴルフ上達法

スポンサードリンク

グラウンドゴルフ上達法・パークゴルフ上達法パーフェクトガイドへようこそ

グラウンドゴルフ上達法

本日はグラウンドゴルフ・パークゴルフ上達法パーフェクトガイドへご来場頂き、ありがとうございます。

 

当サイトは、グラウンドゴルフを愛する人にさらにグランドゴルフやパークゴルフを楽しんでいただければという理念のもとに運営致しております。

 

 

 

このサイトが皆様のグランドゴルフ・パークゴルフライフに少しでもお役に立てれば幸いです。


グラウンドゴルフとは

グラウンドゴルフ上達法

グラウンドゴルフは、皆様もご存じの通りゴルフをよりやさしく、体力のないお年寄りや女性にも楽しめるようにゴルフをアレンジして作られたスポーツです。

 

 

 

 

 

ゴルフ場に行かなくても、ある程度の広さがあれば、近所のグラウンドや河川敷、または公園などで気軽にプレーを楽しめるようにと作られました。

 

このグラウンドゴルフの始まりは1982年(昭和57年)に鳥取県の狛村(現 湯梨浜町)で、生涯スポーツ推進事業の一環として作られました。

 

「プレーしてみれば楽しい」「始めたその日に、誰でも出来る」「健康作りや仲間作りに」と、子供から大人まで、また女性やお年寄り、障碍者や健常者問わず、誰でも一緒に楽しめるスポーツとして年々愛好家が増え続け、全国各地に協会も設立されています。

 

当サイトはグラウンドゴルフの上達法を始め、基礎知識やルール、ゲームのすすめ方などを分かりやすく解説していきます。

 

これからグラウンドゴルフに取り組んでみたい、優れたプレイヤーになりたいと思っている皆様のお手伝いが出来れば幸いです。

グラウンドゴルフの3つの意義

自己向上の精神が養われる
このスポーツは、誰が勝つかわからないスポーツであり、それだけに明日は勝てるかもしれないというチャレンジ精神を駆り立てられます。さらに、自己の向上へ向けて打ち方、寄せ方、コース状態の読み、仲間との関わり合い(調和、協調)、用具の選び方など、プレーを楽しむためにあらゆることにチャレンジする精神が養われます。

 

多くのよき仲間ができる
生涯スポーツは自己現実を目指すと同時に、仲間と強調して楽しむことが大切です。スポーツを仲間と共に楽しむことにより、充実した生活を営むことが出来ます。この『仲間とともに楽しむ』という原点を忘れずに、勝敗や細かいルールにこだわりすぎることなく、プレーを楽しんでください。

 

フェアプレーの精神を身につけることができる
スポーツを通してルールを守る精神やマナーが養われ、社会性が高まります。また、寛容の精神やフェアプレーの精神が養われることによって、1人1人の人間性が高まり、ひいては社会を生きていくうえでの素晴らしい人間関係の形成に役立つことになります。この考えかたは生涯学習、生涯スポーツに共通する考え方でもあります。

パークゴルフってどんなスポーツ?

グラウンドゴルフ上達法 パークゴルフ上達法

パークゴルフは1983年に北海道の中川郡幕別町の公園で発祥したスポーツです。

 

 

直径6センチのボールをクラブを使って打ち、コース上に開けられた穴(カップ)にいかに少ない打数で入れるかを競うゲームです。

 

 

パークゴルフの名の通り、一見ゴルフに似たスポーツですが、コースや道具の基準によって年齢や体力の差がゲームに影響しにくく、親子や夫婦、おじいちゃんとお孫さんなど、世代を超えて一緒にプレーを楽しめるのが特徴です。

 

 

誰でも簡単に始めることが出来ますが、実際にクラブを振ってみると、狙った地点にボールを運ぶ難しさがすぐに分かります。他の球技のように敵味方はなく、コースや自然を相手にどう戦うかが、パークゴルフの醍醐味といえます。

 

 

パークゴルフの『3つの原点』

グラウンドゴルフ上達法 パークゴルフ上達法

パークゴルフは、普段なかなか得ることの出来ない感動を与えてくれるスポーツです。

 

 

 

ボールを飛ばした時の爽快感や芝生の上を歩く充足感、パットを打つ時の緊張感など、パークゴルフを通じて多くの素晴らしい時間を味わって下さい。

 

 

これからパークゴルフを始めようとす方は、ボールの打ち方を学ぶ前に、パークゴルフ発祥以来の基本的な考え方である「3つの原点」をぜひ覚えておいて下さい。

 

 

プレーヤーの皆さまがこれらの3つの原点を踏まえ、パークゴルフを通じてお互いの親睦を深め、素晴らしいパークゴルフライフを送られることを願っています。

 

 

グラウンドゴルフ上達法 パークゴルフ上達法 パークゴルフの3つの原点

 

 

自然を大切にするスポーツ

 

樹木や花、芝生など自然を大切にする思想は、パークゴルフが公園で始まったことに由来します。

 

自然物や植生などの保護育成に努め、クラブで芝を叩いたり、ショットの邪魔になるからといって、樹木の枝を折ったりしないようにしましょう。

 

また、指定場所以外での喫煙もしないようにしましょう。

 

 

三世代交流のスポーツ

 

パークゴルフは、年齢や男女差などによるハンディキャップをつけず、多世代が一緒にプレーを楽しめるように工夫されたスポーツです。

 

それでも歩く速度や技術のレベルには個人差があるので、人に優しく、みんなが楽しめるようお互いに配慮しながらプレーしましょう。

 

 

安全で楽しいスポーツ

 

パークゴルフには安全を考えたルール・マナー・コースや用具の基準があります。

 

しかし、それらを安全に運用するためにはプレーヤー1人1人の意識が大切です。

 

楽しさを損なわないためにも身勝手な行動は慎み、みんなが安心・安全にプレーできるよう心掛けましょう。

 


グラウンドゴルフ上達法パークゴルフ上達法



スポンサードリンク









グラウンドゴルフ・パークゴルフ上達法パーフェクトガイド トップへ